みんため のロゴ 民泊・Airbnb運営に関する情報サイト

ホーム民泊運営ノウハウ 民泊メール代行業者を9社比較してわかった!おすすめはコレだ!

民泊メール代行業者を9社比較してわかった!おすすめはコレだ!

民泊メール代行業者を9社比較してわかった!1番おすすめはこれだ!

自分の民泊運営にピッタリの「メール代行業者」はどこなんだろう…とお探しではありませんか。

メール代行サービスを利用すれば、Airbnbのゲストから来る問い合わせを代わりに返信してもらうことが出来るので、とっても便利です。

でも、いざ代行業者を探そうと思うと、どの業者が良いのか迷ってしまいますよね。

ここでは、6種類以上のメール代行業者を比較してわかった、おすすめの業者を紹介します。ぜひ、参考にして下さい。(2018年6月現在)

Airbnbのメール代行の仕組みについて

Airbnbのメール代行の仕組みについて

「Airbnbのメール代行ってどんな仕組みなの?」と疑問に思う人も思う人もいますよね。

メール代行とは、Airbnbを通して民泊に宿泊するゲストからの問い合わせを代わりに返信してくれるサービスです。

代行業者に委託をすると、自分のAirbnbアカウントにログインをしてもらい、英語などでやり取りの出来るスタッフがホストの代わりにゲストに返事をしてくれます。代行会社によっては、中国語や韓国語以外にも多言語でやり取りが可能となります。

収益があまり出ていないから民泊運営の委託ができないと困っている人は、代行手数料が安いメール代行だけを利用して収益を拡大することもおすすめですよ。

メール代行業者選びの4つのポイント

今回、メール代行業者を比較するにあたって、6社以上のメール代行業者を契約してきました。

そして、1年間かけてメール代行業者を使い続けた結果、満足するために欠かせないポイントは次の4つであることがわかりました。

1.メール代行の対応時間が長いこと
2.対応言語数
3.代行手数料
4.ゲストとの問い合わせ対応が丁寧

結論だけ先に伝えておくと、この4つのポイントで比較して利用者を最も満足させるメール代行業者はT民泊代行でした!

また、国際送金で支払うというシステムにはなりますが、タイ語も問い合わせ対応してもらいたい!という人にはAirXpressもおすすめできます。

ここからは9社以上のメール代行業者を比較しながら、なぜT民泊代行とAirxpressがもっともおすすめできるのか見ていきましょう。

ポイント1.メール代行の対応時間が長いこと

民泊メール代行業者比較表をクリックして拡大できます。

メール代行業者には、24時間対応とそうではない業者がありますが、結論を言うと24時間対応できる業者がおすすめです。

Airbnbから自分の民泊物件に泊まりたいと考えている人は世界中にいます。ヨーロッパに住んでいる人なら私たちが寝ている時間帯に宿泊したい部屋を探していることもあります。

なので、そんなゲストからの問い合わせにすぐに回答するためには24時間対応が最適です。

一方、09:00-24:00の対応時間では、「いますぐに予約を考えているからココだけ教えてほしい!」というときに9時間は回答してあげることができません。

そのため、早い返事を求めている人の予約を逃してしまうかもしれません。

ポイント2.対応言語数

代行業者によっては、英語以外に中国語・韓国語でメールの代行が可能です。

これまで実際に民泊運営をしている筆者の経験上、メール代行には英語以外にも中国語・韓国語の対応ができて損はないといえます。

中国・韓国から来るゲストは基本英語が話せますが、母国語でやり取りできるというのは強みになります。

そのため、言語数が多いければ多いほどいいでしょう。

ポイント3.代行手数料

民泊メール代行業者手数料比較

委託をすれば収益に影響しますので、代行費用は少しでも安くするのが大切です。

メール代行の費用相場は月額16,000円〜20,000円、もしくは総売上×5%〜10%といった成果報酬の2つに分かれています。メール代行を利用するなら収益によって変動する成果報酬より月額制のほうが収益が確保できるでしょう。

ポイント4.ゲストとの問い合わせ対応が丁寧

ゲストの問い合わせが丁寧なことです。

筆者が以前、運営代行業者に委託をしていたときに、あまりにゲストからクレームがあったために調査したところ、原因はゲスト対応している通訳者の英語の雑さでした。

問い合わせ対応では、英語ができるできないというより、どれだけゲストに優しく対応できるかが重要です。

ゲストからの問い合わせで、難しい英単語はほとんど出てきませんので、TOEIC○○点以上のスタッフが対応するというのはあまり気にせず、代行業者の対応が丁寧かどうかで判断しましょう。

オススメの民泊メール代行業者2選

これらの5つのポイントを押さえたおすすめのメール代行会社は以下の2つです。

ぜひご参考にしてくださいね。

もっともおすすめ!T民泊代行

もっともおすすめ!T民泊代行

T民泊代行は、対応時間が24時間で、料金が最もリーズナブルなメール代行業者です。

英語・中国語・韓国語の基本となる3ヶ国語を押さえているために、使いやすさは全メール代行業者でトップクラスだと言えます。

また、ゲスト対応にも丁寧である自信があることから民泊初心者にもおすすめです。

サービス名:T民泊代行
対応エリア:全国
対応言語数:英語・中国語・韓国語・日本語
代行手数料:月額16,000円/1物件
ゲストとの問い合わせ対応:問題なし
支払い方法:クレジットカード、お振込
会社情報:日本企業
詳細:公式ページ

国際送金になるが5ヶ国語での代行なら、AirXpress

国際送金になるが5ヶ国語での代行なら、AirXpress

多くの言語数でゲストを対応したいならAirXpressが最適です。

24時間対応で代行料金も16,000円と安いのも嬉しいポイント!メール代行してくれる対応時間が24時間のため、深夜の問い合わせにも対応が可能です。

ただし、カンボジアの企業になりますので、代行手数料の送金の際、別途手数料が必要になります。

サービス名:AirXpress
対応エリア:全国
対応言語数:英語・中国語・韓国語・タイ語・日本語
代行手数料:月額16,000円/1物件(国際送金の為、送金額の1.5%〜3%の手数料が必要)
ゲストとの問い合わせ対応:問題なし
支払い方法:クレジットカード、お振込
会社情報:カンボジア企業
詳細:公式ページ

メール代行の手数料って本当に月額固定制がおすすめ?

メール代行の手数料って本当に月額固定制がおすすめ?これからメール代行の利用を考えている人は「本当に月額固定制がおすすめなの?」と疑問に思いますよね。

そこで、月額固定制と成果報酬制ではどちらがお得なのか1LDKの民泊物件で比較してみました。

民泊のメール代行の手数料って本当に月額固定制がおすすめ?

結論:メール代行は月額固定制がおすすめ!

1LDKの民泊物件で収益を比較して、月額固定制のシステムが1番おすすめです。

5%の成果報酬よりも1,070円、8%よりも11,598円利益が多いことがわかりました。また成果報酬では、収益が大きいほど手数料が高くなります。

そのため、メール代行を利用を考えているという人は月額固定制の利用で後悔することはまずないでしょう。

まとめ

Airbnbのメール代行業者について比較しました。

この4つのポイントを比較して、最もおすすめできるのはT民泊代行、国際送金でも問題ないならAirXpressです。

これからは手数料の値下げ競争によって、さらに安価にサービスを利用できるかと思いますが、安価になればなるほどサービスの質は落ちていきます。

なので、代行業者の丁寧さにも注目してサービスを選ぶといいでしょう。

民泊運営ノウハウの記事一覧に戻る

お問い合わせ

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お電話番号
お問い合わせ内容