みんため のロゴ 民泊・Airbnb運営に関する情報サイト

ホーム民泊運営ノウハウ 徹底比較!おすすめ住宅宿泊管理業者はコレだ【2019年夏版】

徹底比較!おすすめ住宅宿泊管理業者はコレだ【2019年夏版】

徹底比較!おすすめ住宅宿泊管理業者【2018年春版】

住宅宿泊管理業者を探したいけど、どこで探せばいいんだろうと気になっていますね。

新法で運営を考えている人は、2018年6月15日までに管理業者を用意しておきたいもの。

管理業務をお願いした後に後悔しないためには、民泊運営代行経験がある管理業者を選ぶとよいでしょう。

この記事では、住宅宿泊管理業者の「失敗しない選び方」と「民泊施設に合わせたおすすめの業者」をご紹介します。必ずあなたに合った民泊管理業者が見つかるハズなのでぜひ参考にしてくださいね。

住宅宿泊管理業者とは

住宅宿泊管理業者とは

住宅宿泊管理業者とは、民泊新法で家主不在型の民泊運営を管理する人のこと。これまでの民泊運営代行業者が管理業者という資格付きになると考えてください。

これから民泊新法で、家主不在型の運営をすると住宅宿泊管理業者という管理者を置くことが義務化されます。そうなれば、収益目的の運営なら必ず管理業者が必要になりますよね。

しかし、自分の民泊物件に合った管理業者を選ばないと、180日ルールの影響で利益がさらに減った、もしくは赤字になることがあります。そうならないために、管理業者を選ぶ時にチェックしたい4つのポイントを説明します。

住宅宿泊管理業者選びで比較するべき3つのポイント

住宅宿泊管理業者の登録は民泊新法がスタートする6月15日に正式に完了します。ですが、6月15日までに管理業者を探す方法は少なく、国土交通省の公式サイト「住宅宿泊管理業者の登録予定情報」をチェックしながら選んでいかなければなりません。

ここでは、管理業者を選ぶときにチェックしたい「任せる範囲」「180日以降の相談」「代行手数料」という3つのポイントをご紹介します。

ポイント1.任せる範囲で比較する

ポイント1.管理業者に任せる範囲で比較する

180日ルールがある民泊新法では、代行する範囲を限定して収益を稼ぐという方法が必要です。基本的には次のように選ぶのがおすすめです。

・自分だけで民泊運営ができる人:トラブル対応だけ任せる
・自分だけで民泊運営ができない人:トラブル対応+民泊運営業務も任せる

自分だけで民泊運営ができる人は管理業者に任せる業務を最小限に抑えましょう。24時間の駆け付け対応のみを任せて、その都度1回いくら〜と単発で任せるのがオススメです。もしくはメール代行清掃代行のみを任せるのがおすすめです。

自分だけで民泊運営ができない人は、管理手数料が大きな割合を占めるため利益がかなり減ったと感じます。もし運営全般を任せようと考えている人は、180日以降の相談ができるかどうかでも比較しましょう。

ポイント2.180日以降の相談ができるかどうかで比較する

ポイント2.180日以降の相談ができるかどうかで比較する180日ルールの対策方法を相談できるかどうかで比較しましょう。民泊新法で運営するなら、自己所有の物件でない限り180日以降の活用方法を考える必要があります。

そこで民泊物件の管理業者は重要な立ち位置になりますので、少しでも収益を増やしたい人は、180日以降の対策方法を相談できる管理業者を選びましょう

180日以降の活用方法はマンスリー運営がおすすめ!

180日以降でおすすめの対策方法は、「マンスリーマンション」としての運営です。180日を民泊運営で残りの日数をマンスリーとして運営すれば、旅館業法に接触せず、合法的に収益を増やすことが可能です。

くわしくは、民泊新法でマンスリー運営する方法を、基礎知識から徹底解説します。で解説していますので参考にしてください。

ポイント3.代行手数料で比較する

民泊新法が施行されていないこともあり、現状では手数料の比較ができません。

予想としては、これまでの民泊運営代行業者の報酬形態と同じになることが考えられます。その理由は、民泊運営代行業者と管理業者の業務内容がほとんど同じであるからです。

また、民泊未経験の管理業者より民泊運営代行経験のある管理業者の方が対応がスムーズです。

まずは民泊未経験者より、民泊運営代行経験があり代行手数料が安い管理業者を選んでください

地域別に徹底比較!住宅宿泊管理業者のおすすめ

2018年5月時点で、住宅宿泊管理業者としてホストを正式に募集しているのは2社のみ。民泊新法のスタートに合わせていち早く管理業者を見つけましょう。

民泊代行経験あり!大阪・東京・広島で管理業者を探すならここ

一律料金でリーズナブル!ベッド3台でも6,000円|T民泊代行

T民泊代行は、大阪・東京・広島で主に民泊代行サービスをしている民泊運営代行業者。2018年6月からは住宅宿泊管理業者として民泊新法のホストをサポートします。住宅管理業者としてのサポート範囲はホストと柔軟に相談することが可能なのが特徴です。180日の対策方法など細かい相談ができそうです。

サービス名:T民泊代行サービス
対応エリア:東京・大阪・京都・広島・福岡・札幌・那覇
代行実績:80件以上
初期費用:0円
代行手数料:ホストと応相談
緊急対応:○
集客対応サイト:複数対応可
対応言語:4言語(英語、中国語、韓国語、日本語)
詳細:公式サイト

民泊予約サイトを運営しているエアトリ民泊も管理業者に登録

民泊予約サイトを運営しているエアトリ民泊も管理業者に登録

エアトリステイは、民泊代行サービスをしている民泊運営代行業者。エアトリ民泊という民泊を予約するサイトも運営していて、管理業者の募集を行なっています。民泊運営代行は未経験ですが、駆け付け対応は損保ジャパンに再委託しています。トラブル対応をしっかりサポートしてほしい人におすすめできそうです。

サービス名:エアトリステイ
対応エリア:東京・大阪・京都・福岡・札幌・那覇
代行実績:不明
代行手数料:ホストと応相談
緊急対応:○
集客対応サイト:応相談
対応言語:4言語(英語、中国語、韓国語、日本語)
詳細:公式サイト

管理業者を探すならAirbnbコミュニティも有り

管理業者を探すならAirbnbコミュニティも有り

住宅宿泊管理業者を探すなら、Airbnbコミュニティから探すのもおすすめです。Airbnbコミュニティは、Airbnbの中にあるホストやゲストが交流できる掲示板です。

このコミュニティでは、180日後の対策方法や民泊新法の届出方法などについても書き込みがありますので、Airbnbホストとして有益な情報が手に入るかもしれませんよ!

まとめ

住宅宿泊管理業者は、「任せる範囲」「180日以降の相談」「代行手数料」で比較しましょう。

しかし民泊新法がスタートしてないということもあり、住宅宿泊管理業者を見つける方法はまだ少ないです。

・自分だけで民泊運営ができる人:24時間のトラブル対応だけ任せる
・自分だけで民泊運営ができない人:民泊運営全般を任せる

この2つを目安にしながら、管理業者を選んでみてください。おすすめの管理業者を見つけ次第、随時比較して更新しますので、あなたの管理業者選びの参考にしてくださいね。

民泊運営ノウハウの記事一覧に戻る

お問い合わせ

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お電話番号
お問い合わせ内容