みんため のロゴ 民泊・Airbnb運営に関する情報サイト

ホーム民泊運営ノウハウ 比較して分かった!大阪で民泊清掃代行サービスのおすすめ6選

比較して分かった!大阪で民泊清掃代行サービスのおすすめ6選

比較して分かった!大阪で民泊清掃代行サービスのおすすめ6選

大阪でおすすめの民泊清掃代行サービスをお調べ中ですね。

民泊物件が特に多い大阪では清掃代行サービスの数も多くその数は20以上。これだけ多いと、どの清掃代行サービスが良いのか迷ってしまいますよね。

この記事では、清掃代行サービスの「失敗しない選び方」と「おすすめの清掃代行サービス」をご紹介します。必ず民泊物件に合った清掃サービスが見つかるハズなのでぜひ参考にしてくださいね。

失敗しない民泊清掃代行サービス選びのポイントはこの3つ!

清掃代行サービス選びで比較するべき3つのポイント

これまで4社の清掃代行サービスを契約した結果、代行手数料が高ければ高いほど清掃クォリティが高いのが基本です。その中で、民泊運営の負担にならない清掃代行サービスを選んでいかなければなりません。

ここでは、民泊清掃代行サービスを選ぶときにチェックしたい「リネン類のレンタル」「代行実績「清掃料金」という3つのポイントをご紹介します。

ポイント1.リネン類のレンタルで比較する

ポイント1.清掃代行はリネン類のレンタルで比較する

清掃代行を利用するメリットのひとつとして、民泊物件で使用するリネン(タオル類・枕カバー・シーツなど)をレンタルすることが可能です。

レンタルをすればリネン類を購入する必要はありませんが、清掃料金が割り増しになったり、シーツのデザインが選べないといった欠点もあります。

長期的に見ると自分でリネンを用意した方がコストは安くなるので、少しでも多く収益を増やしたいという人は自分でリネンを用意しましょう。

ポイント2.代行実績で比較する

安心して清掃を任せられるかどうかの基準となるのは代行実績の件数です。基本的には実績の件数が多ければ多いほど、民泊物件の掃除のノウハウがあると考えてください。

しかしながら、民泊自体が新しいサービスなので民泊清掃代行サービスの実績はほとんど分かりません。

そのため、安心して任せられる清掃サービスを見つける方法は、直接代行実績を確認するといいでしょう。

ポイント3.清掃料金で比較する

掃除する内容が全く同じでも、代行業者によって料金が違います。

そのため清掃料金が高いかどうかは以下の相場を参考にしてみてください。

1R・1Kなら、1回につき4,000円〜4,500円
1DK・1LDKなら、5,000円〜
2DK・2LDKなら、6,000円〜
3DK・3LDKなら、6,500円〜

こちらの相場を参考にして、少しでも清掃料金の安い代行サービスを選んでください。

コスパ良し!大阪の清掃代行サービスおすすめ5選

大阪で清掃料金がリーズナブルな業者を探している人は、以下の5つの業者をおすすめします。

コスパ良し!大阪の清掃代行サービスおすすめ4選

※表をクリックして拡大できます。

洗濯なしなら最安の1,900円〜!最安料金の決定版

民泊清掃HAS

HASは、大阪市内で清掃代行サービスをしている清掃代行業者。HASの特徴は、洗濯なしで清掃を代行すれば1,900円〜で依頼できることです。小さい民泊物件を運営していて清掃を代行するなら、自分でリネンを洗濯して組み合わせることで清掃料金を最安に抑えられるかもしれません。

サービス名:HAS
対応エリア:大阪市内
1R・1K:3,500円〜
1DK・1LDK:4,500円〜
2DK・2LDK:40㎡以上は10㎡毎に+1,000円
3DK・3LDK:7,500円〜
交通費:+800円
洗濯料金:別途発生
その他にかかる料金:なし
繁忙期の料金:+5,000円
リネンレンタル:可能
支払い方法:銀行振込
キャンセル料金:当日100%
詳細:公式サイト

リネンも用意してもらいたいならココ!リネンレンタルが前提の清掃サービス

民泊清掃代行サービスcleanBnB

cleanBnBは、大阪市内で清掃代行サービスをしている清掃代行業者。cleanBnBの特徴は、リネン類をレンタルすることが前提なサービスであることです。そのため、リネンを購入して準備する必要がないのはうれしいところ。リネンレンタル費用として、400円〜700円前後の料金は固定費で追加でかかります。

サービス名:cleanBnB
対応エリア:大阪市内
1R・1K:3,500円〜
1DK・1LDK:4,750円〜
2DK・2LDK:6,000円〜
3DK・3LDK:7,250円〜
3LDK以上:別途相談
交通費:大阪市中央区・西区・浪速区なら無料
洗濯料金:なし
その他にかかる料金:リネンレンタル代金として+400円〜700円前後
繁忙期の料金:変動なし
リネンレンタル:可能
支払い方法:銀行振込
キャンセル料金:不要
詳細:公式サイト

家事代行会社が提供する民泊清掃代行サービス

民泊清掃代行サービスワンアンドオンリー

ワンアンドオンリーは、大阪市内で家事代行サービスをしている清掃代行業者。家事代行をしている会社が清掃してくれますし、相談するときはフリーダイヤルの窓口が用意されています。清掃料金はリーズナブルですが、繁忙期の時期には清掃料金が1.6倍になる注意点があります。

サービス名:ワンアンドオンリー
対応エリア:大阪市内
1R・1K:3,750円〜
1DK・1LDK:6,250円〜
2DK・2LDK:6,000円〜
3DK・3LDK:7,500円〜
3LDK以上:別途相談
交通費:+900円
洗濯料金:コインランドリー代+手数料300円
その他にかかる料金:リネンレンタル代金として+400円〜700円前後
繁忙期の料金:×1.6倍
リネンレンタル:不可
支払い方法:銀行振込・クレジットカード
キャンセル料金:前日50%当日100%
詳細:公式サイト

清掃の実績が気になるならここ!経験豊富な清掃代行サービス!

民泊清掃ゲストクリーニング

guest cleaningは、大阪で清掃代行サービスをしている民泊運営代行業者。1ヶ月で500件以上の清掃をしており、累計2万件以上の清掃を行なってきたという実績があります。代行実績を気にしている人にはおすすめできるサービスです。

サービス名:guest cleaning
対応エリア:大阪市内
1R・1K:4,500円〜
1DK・1LDK:5,500円〜
2DK・2LDK:6,500円〜
3DK・3LDK:7,500円〜
3LDK以上:8,500円〜
交通費:込み
洗濯料金:込み
その他にかかる料金:なし
繁忙期の料金:変動なし
リネンレンタル:可能
支払い方法:銀行振込・クレジットカード・チケット払い
キャンセル料金:当日朝10時以降のキャンセルは発生
詳細:公式サイト

一律料金でリーズナブル!ベッド2台なら5,000円|T民泊代行

一律料金でリーズナブル!ベッド3台でも6,000円|T民泊代行

T民泊代行は、大阪市内で清掃代行サービスをしている民泊運営代行業者。T民泊代行の特徴は、ベッド2台までなら料金が一律5,000円とリーズナブルなところ。例えば1LDKの物件でベットが2台なら5,000円、2LDKでベットが2台なら同じく5,000円で依頼できることです。物件が広くなっても清掃料金は同じなので、収益目的の運営ならこちらで清掃コストを抑えることができるかもしれません。

サービス名:T民泊代行
対応エリア:大阪市内
清掃料金:一律5,000円
交通費:込み
洗濯料金:込み
その他にかかる料金:なし
繁忙期の料金:変動なし
リネンレンタル:不可
支払い方法:銀行振込
キャンセル料金:当日キャンセルは交通費のみ
詳細:公式サイト

京都でリーズナブルな清掃代行業者はここ!

京都Visitors

京都Visitorsは、京都で清掃代行サービスをしている清掃代行業者。京都市内で民泊物件をお持ちなら、こちらの清掃代行サービスがおすすめです。月額管理費が発生するので少し割高にみえるかもしれませんが、こちらのサービスはゴミの処理まで全てワンストップでおこなってくれます。ゴミの処理まで全て行なってほしい人におすすめです。

サービス名:京都Visitors
対応エリア:京都市内
1R・1K:4,000円〜
1DK・1LDK:6,000円〜
2DK・2LDK:7,000円〜
3DK・3LDK:8,000円〜
3LDK以上:別途相談
交通費:基本込み
洗濯料金:別途発生
その他にかかる料金:月額管理費5,000円〜10,000円
繁忙期の料金:×1.5~2倍
リネンレンタル:可能
支払い方法:銀行振込
キャンセル料金:4日前〜前日50%、当日100%
詳細:公式サイト

1LDK以下の民泊物件なら自分で清掃もオススメ

紹介した清掃代行業者を使うのもおすすめですが、収益の少ない1Rや1Kの民泊運営なら自分で清掃をすることから考えてみてください。

例えば1泊6,000円で宿泊提供していても、清掃代行を利用すればここから最低でも3,000円は払わないといけません。そうなれば民泊物件の収益に大きく影響してしまいます。

なので、自分で掃除したり家族と協力して掃除をしてもいいかもしれません。

ただし、これらの方法でどうしても清掃を代行する必要があるのなら最低宿泊日数を2泊からにしてみましょう。2泊程度ならあまり宿泊数に影響はありませんし、清掃回数は半分になります。

清掃代行の契約をするときに気をつけること

民泊清掃代行の契約をするときに気をつけること

清掃代行をお願いするなら、以下の2つに気をつけてください。

・民泊ゴミの処理について

・繁忙期の料金の違い

順番に解説します。

民泊ゴミの処理について

民泊から出るゴミは事業ゴミのため、一般的な家庭ゴミと一緒に捨てると違法になります。この罰則は旅館業法違反よりも厳しく、民泊新法がスタートすればより一層気をつける必要があります。

ゴミの処分資格がない清掃代行サービスがゴミを持ち帰りするのも厳密には違法になりますので、自分で事業系有料ごみ処理券を貼って処分するか、資格のある処分業者にゴミを回収させてください。

ゴミの処分業者を紹介してくれる「民泊ゴミ.com」や「bnbcrew」といったサービスを利用してもいいかもしれません。

繁忙期の料金の違い

繁忙期の料金の違いにも注意してください。

清掃代行サービスは、年末年始やGWには清掃料金が×1,2倍〜2倍になることがあります。

通常料金が安いからといって代行会社を選ぶと、繁忙期の清掃料金が高いことで時期によっては収益が少なくなる可能性がありますので注意してください。

このようなことを防ぐために、繁忙期の値上げ料金も含めて代行業者を選ぶといいかもしれません。

Q&A

Q.民泊のゴミは一般ゴミと同じように捨てても問題ありませんか?

A.民泊運営から出るゴミは事業ゴミです。処分方法については大阪市のページで詳しく解説しています。

Q.一般ゴミで処分してしまうと、どんな罰則対象になりますか?

A.マンション内のゴミ捨て場や近所のゴミ捨て場に無料で捨ててしまうと、廃棄物処理法違反として以下の罰則対象となってしまいます。

法第25条では、廃棄物の不法投棄、もしくは無許可業者に廃棄物処理を委託してしまうと、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金、又はこれの併科とされています。

参照:大栄環境グループ「廃棄物処理法の罰則

Q.民泊ゴミで摘発事例はありますか?

民泊ゴミを別のマンションに捨てたとして京都市の不動産会社と同社員が不法投棄(廃棄物処理法違反)の疑いで書類送検されています。民泊物件から出たワインボトルや段ボールのゴミを別マンションに捨てたとのこと。

Q.清掃代行業者はゴミの処分もしてくれますか?

A.清掃代行業者もゴミの処分を行なっています。ただし、ゴミを処分する資格を所有しているか、もしくは資格者に処分を委託しているかどうか確認してください。無資格であったり委託していないと民泊運営者も罰則対象になってしまいます。

Q.いまお願いしている清掃代行業者はマンション内のゴミ捨て場に捨ててもらっています。どうすればいいでしょうか?

A.無資格の代行業者にゴミを回収させてしまうと逆に民泊運営者が罰則対象になります。なので、ゴミ処分を自分で行うかゴミを回収してくれる清掃代行業者に相談をしましょう。

Q.民泊ゴミを自分で処分するにはどうすればいいですか?

A.民泊ゴミの量が少量なら「事業系有料ごみ処理券」を貼って、家庭ゴミとして収集できる範囲内の量にすれば、家庭ゴミと同じように捨てることも可能です。事業系有料ごみ処理券は、自治体によって値段がちがいますが、45リットルの袋に貼る券であれば 1セット10枚入りで3,400円前後で買うことが可能です。

Q.清掃代行をお願いするとき、部屋の鍵の受け渡しはどうすればいいでしょうか?

A.ポストでの受け渡しは安全性に欠けるため、預かってもらうのがオススメです。

Q.清掃代行業者はアメニティも補充してくれますか?

A.基本補充してくれます。購入までお願いすると別途手数料がかかることがあるので、自分でストックを購入するのがいいでしょう。

Q.清掃業者が民泊物件を破損してしまったらどうなるの?

A.清掃代行業者によっては損害賠償保険に加入しているはずですので、補償してもらいましょう。

まとめ

大阪でおすすめの清掃代行サービスを紹介しました。

民泊清掃代行サービスを選ぶときには、「リネン類のレンタル」「代行実績」「清掃料金」の3つのポイントで比較しましょう。

このポイントを目安に清掃代行サービスを選んでみてください。

おすすめした清掃代行サービスを利用して、ゲストの満足度を上げて民泊物件の宿泊率を上げてくださいね。

民泊運営ノウハウの記事一覧に戻る

お問い合わせ

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お電話番号
お問い合わせ内容